健康維持のために

正しく薬を使って健康な体を

正しく薬を使って健康な体を
風邪を引いたり、けがをしたり、体を痛めてしまったりなど、日常生活の中で体調を崩すことはよくあります。
そういった時に薬があれば本当に助かりますよね。

 

薬のおかげで楽になった経験のある方は大勢いらっしゃることだと思います。
最近では薬局、ドラッグストアに行けば色々な薬を手に入れることが出来る時代になりました。

 

風邪薬と一言でいっても症状などに合わせて色々な種類の薬が用意されています。
こういったときに自分に合ってるのはどの薬なのか、選ぶのに苦労したことはありませんか?

 

自分の症状と合わない薬を飲んでも症状が良くならないことが多く、無駄な買い物をしてしまうことになりかねません。
そういった時に薬剤師が常駐している店では薬の説明をしてもらえるので都合が良いです。

 

迷った時は遠慮せずにどちらの薬の方が良いか相談してみましょう。
また薬局やドラッグストアで薬を買うよりも、病院で薬を処方してもらう方が症状に対して的確に効く薬を出してもらえると思うので、病院で診察してもらった上で薬を出してもらうのも確実な方法だといえます。

 

薬局やドラッグストアで薬を購入した場合でも、病院で薬を処方してもらった場合でも一日に何回、どういった時に飲むようにという指定がされているのは皆さんご存知かと思いますが、実際これらの指定を守らずに服用している方が多いのではないでしょうか。

 

これらの指定は薬がしっかりと効果を発揮するための最適な量・時間であり、しっかりと守って服用するべきです。
また薬はたくさん飲んだ方が効果があると思っている方がいるかもしれませんが、薬は健康にする効果だけでなく、人に害を及ぼす可能性のある物質です。バイアグラ通販

 

大量に飲めば命にかかわるような薬もあるので指定された量だけを飲むように注意しなければなりません。
こういったことにならないように一日分毎に小分けに出来るケースや記録するための紙など趣向を凝らした便利グッツも販売していたりするのでそれらを利用するのも良いでしょう。

 

薬は正しく飲んで健康になりましょう。

そもそも「健康」とはなんだろうか?
WHOによれば「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」ということである。

 

これをもう少し自分なりに解釈してみると、要は、病気でもなく、けがもしておらず、何の苦しみも悩みもない、身体、精神の状態、のことであろうか。
その定義をベースにすると、私は「健康」ではない。

 

なぜなら、私はこの10年間、うつ病を患っているからである。
もともとの発症は、若い年齢の時に会社を挙げてのプロジェクトのリーダーに抜擢され、一応は経営陣の評価を得られるような形やり終えたときに、耳鳴りがし始めたときである。犬猫のノミダニ 駆除

 

その後、異例の昇進の形で、部門長に昇格した。
しかしその部門が非常に苦戦部門で、私としてはあらゆる手を考えたつもりだが、なかなか業績は上がらず、その中で「解決策がない」「業績が上がらない」というプレッシャーを感じ、ついに本格的に発症したのである。

 

それを会社に申告した後、ラインから外され、プレッシャー自体はなくなり、症状も最悪の状態からは脱したものの、それ以来、完全に寛解とはならずに10年がたち、今に至っているのである。

 

そういう私だから、一般的な定義から言えば、とても「健康」とは言えない。
しかし現在は、一応本筋のラインに戻り、それなりに責任のある職位について、日々仕事をしている。

 

人から見たら、まさか私がこのような「健康ではない」症状を抱えているとは思わないだろう。
その「見た目健康」を支えているのが、「薬」なのである。

 

私は毎日、抗鬱剤を3種類、抗不安薬を1種類飲んでいる。
これを飲まないと、症状は一気に悪化し、それこそ「希死念慮」を抱くまでになってしまう。

 

そうならないのはひとえに薬のおかげである。
しかしながら、飲んでいれば問題ないので、私自身も普段は自分が病気だという自覚はないし、普通に日常生活を送っている。いわば「疑似健康」である。

 

しかし「疑似」であっても、健康は健康。身体の内部や精神の内部が傷んでいても、表面的にうまく進んでいれば、問題ないと思っている。
そういう意味では、「非健康」という水面下の状態を、「疑似健康」という水面上まで持ってきてくれているのが、「薬」なのだ。

 

人によっては、薬から早く離れて、本当の意味での「健康」になりたい、と思っている人も多いだろうが、私は、疑似でも何でもいいので、とにかく日常が普通に過ごせれば、それでいいと思っている。

 

それを実現させてくれるのが「薬」なのだ。

以前、顔中にニキビができて市販薬では治らなかったので近所の皮膚科に行ったところ、そこで出された軟膏が合わなくて肌が赤っぽくなってしまい、その副作用のような肌が赤っぽくなったのが完治するまでに数年間病院に通い続けたことがあり、とても苦労した経験があります。

 

もしも皮膚科で軟膏を出すときに、この薬は強いのでもしかしたら肌に合わない人もいるかもしれませんがどうしますか?
とでも一言聞いてもらえれば、例え同じように副作用で肌が悪くなってしまったとしても、私の心情的には全く違っていました。

 

そんなことがあったので、当時は病院や医者というものを全く信用できなくなっていました。

 

医者が薬を出すときにはその薬の注意書きなどが書いてあるようになったことは知っていますが、さらに進めて、例えば患者自身でどの薬を使用するかを選ぶようにすることは不可能なのでしょうか。シアリスジェネリック

 

医者がいくつか薬をピックアップして、この薬は効き目は強いですが副作用が出る方もいますとか、この薬はそれほど即効性は無くても体への負担もないものですがそのぶん期間が長くなってしまいますなど説明してくれて、それらをもとに患者自身がどの薬を使用するかを選ぶというように。

 

それも、小さな子供や高齢の方や自分では薬の判断はしたくないという方には、自分で薬を選ぶことも医者が決めた薬をそのまま使うこともできますがどうしますか?と聞くようにします。

 

こういったことは実現できないのでしょうか。

 

医者から出された薬を信用して使用した結果、逆にダメージを受けさせられてしまった経験があることから、理想としては上記のように最終的に決定するのは自分自身というほうが、もし何かあったときには納得できると思います。水虫の薬

 

仮に医者が出した薬で何か問題が起こったとしても、医者が決めた薬にすると判断したのは自分自身ということになるので、そのほうが双方にとっても良いと思うのですが、実現が難しい制度的な問題があるのでしょうか。

 

あるのなら、ぜひこういったことが可能になるように変えていって欲しいです。

私は50代の男性会社員ですが、現在、クラリスロマイシンという薬を毎日飲み続けています。
その薬は、抗生物質の一種であると主治医から聞いています。

 

それは、少しずつ私の肺や気管支や血管などを丈夫にしてくれる効能があるそうです。
私は呼吸器系の病気のゆえに、その薬を、もう一年以上も飲み続けています。

 

その結果、確かに症状は少し改善されてきていると実感しています。
以前は痰の中に血が混じっていたり、ひどい時には真っ赤な鮮血のような血痰が出たりもしていたのですが、最近はそれも治まってきました。

 

一年以上の長い月日をかけて、本当にゆっくりではありますが、私は少しずつ健康を回復しているのです。
もちろん、健康回復は喜ばしいことであるのは間違いありません。

 

しかし、私は完全に健康を快復したわけではなくて、今でも薬は飲み続けていますし、定期的に通院もしています。

 

とりあえず血痰などの出血は止まってきたようですが、今でも毎日、朝夕を問わずに痰は出続けています。
私は確かに回復傾向にはありますが、まだまだ闘病生活は続いているのです。

 

今、私には二つの心配があります。
まず一つは、このまま一生闘病生活が続くことへの心配です。
実際、私の病気は非常に長く患うことも多いのです。私の場合も、なかなか治りません。

 

今の通院治療は、いつ終わるのかは誰にも分からないのです。
そしてもう一つは、薬の副作用の心配です。私が毎日飲み続けているのは今はクラリスロマイシンだけですが、出血がひどい時には別の薬も飲みます。アフターピル通販

 

いずれの薬も副作用は少ないと聞いてはいますが、それでも長期間に渡って飲み続けていますので、正直な話、心配は拭えません。
ただ、だからと言って薬の服用を止めるわけにはいきません。

 

もし勝手に止めたら、また出血が始まってしまうのは時間の問題となるでしょう。
完全に回復するためには、やはり主治医の言いつけは守らなくてはなりません。

 

しかし、それでも心配の気持ちは、どうしても心に残ってしまうのです。

健康のために適度な運動が大切だといわれています。
私は健康のために運動をしています。

 

健康のために必要な運動ですが、私は過度に運動をすることにならないように注意しています。
運動を過度にすることで、逆に健康に弊害がでてしまいかねません。

 

無理のない程度に運動することは心の健康にも効果があります。
私は適度な運動をすることで心身ともに健康を維持しています。

 

自分のストレスにならないように運動の計画を立て、無理なく継続できることが運動を習慣にする秘訣だと思います。
適度な運動にはリラックス効果があります。ed治療薬レビトラ

 

適度な運動をすることで汗をかきます。
「ノルアドレナリン」という物質が脳内から分泌されることで脳内の物質が活発になり、リラックスするのです。

 

運動は単純な身体的なものだけではなく、脳や心に非常に効果がでます。
また、適度な運動をすることによって「ドーパミン」や「エンドルフィン」などが脳内で分泌され、快感や幸福感を実感できるのです。

 

これらの脳内分泌物によってストレスを軽くし、むしろリラックスすることができるのです。
私は適度な運動を始めたことで、体力的な向上のみならず心がリラックスする効果を日々実感しています。

 

これに合わせて食生活や睡眠のリズムを整えていくと効果は大きくなっていきました。
生活のリズムが整っていくことで、心身ともに健康となっていくのです。

 

アルコールを飲む量も減り、身体の内外から改善されてきました。
私は適度な運動としてウォーキングやランニング、スイミングなどをしています。

 

これらの有酸素運動をすることで、脳内の細胞が新しくなっていく働きを促進します。
脳内の働きが活性化すると、さまざまな生産性が向上していきます。

 

記憶力が向上したり、物事の捉え方がポジティブになっていくのです。
運動をすることで適度な疲労もたまり、食事も美味しく感じたりします。

 

睡眠も深くなり、生活のリズムが向上していきます。
このように、適度な運動がもたらす多くの効果は単純な体力的な向上だけでなく、生活のすべての側面に多大な効果があるのです。